Jメールのキャッシュバッカーの見分け方

 

Jメールの口コミや評判を見ていると、キャッシュバッカーが多いのではというコメントを見かけます。

 

そもそもキャッシュバッカーとは何なのでしょうか?

 

ここでは、Jメールのキャッシュバッカーの見分け方や対策法についてお伝えしていきます。

 

Jメールのキャッシュバッカーとは?

 

Jメールには、女性会員が男性とメールのやり取りをすると、ポイントがキャッシュバックされるという仕組みがあります。

 

受信すれば1通あたり5ポイント、送信すれば2ポイントもらえるという感じです。

 

そしてJメールでは、3,000ポイント貯まるとアマゾンのギフト券に交換をしたり、現金を銀行へ振り込んでもらったりすることが出来るシステムとなっています。

 

本来、こういったポイントシステムは、出会い系サイト内の交流を活性化することを目的としているのですが、なかには、ポイント、そして現金を目当てにJメールを利用する人がいます。

 

この人達が、Jメールのキャッシュバッカーです。

 

Jメールのキャッシュバッカーを見分けるには?

 

Jメールのキャッシュバッカーには以下のような特徴があるので、見分ける際のご参考にして下さい。

 

サイト外での交流を嫌がる(出会わない、LINEのIDを交換したがらない)

 

キャッシュバッカーは、メールのやり取りをしてこそ、お金を稼げるで、とにかくメールでのやり取りに固執します。

 

毎日同じような投稿をしている

 

キャッシュバッカーは特に何も知らない新規の会員を狙っているので、同じような投稿を繰り返す傾向があります。

 

自分からメールを送ってくる

 

男性に自分から積極的に連絡してくる女性はキャッシュバッカーだと思った方が良いです。

 

プロフィールの写真が可愛すぎる

 

キャッシュバッカーは、男性の関心を引くため、自分の写真はアップせず、別の可愛い女性の写真をアップする傾向があります。

 

アダルトなエッチな内容を書いている

 

キャッシュバッカーは男性の性的な欲求を刺激して、メールのやり取りをしようとします。

 

メールの内容が短く内容が適当

 

キャッシュバッカーは、とにかくメールのやり取りの回数を稼ぐことを重要視しているので、メールは短いものが多いですし、内容も適当です。

 

返信が早い

 

キャッシュバッカーは回転率が勝負なので、メールの返信スピードは非常に早いです。

 

プロフィールが未記入

 

キャッシュバッカーは出会いを目的としていないので、プロフィールに何も書いていないことも多いです。

 

怪しいと思ったら無視しよう

 

実際、Jメールでもキャッシュバッカー対策は行っており、怪しい人がいれば、IDを削除するなどの対処を行っています。

 

ただ、ここら辺はいたちごっこになってしまっている部分もあります。

 

しかし、それでもJメールを使って入れば、段々とキャッシュバッカーは見極められるようになってきます

 

何よりも、あまりエッチ目的でなく、真面目なやり取りをしていれば、それだけでも、キャッシュバッカーはかなり防ぐことが可能です。

 

キャッシュバッカーを上手に見分けて、是非、Jメールでの出会い楽しんで下さい。

 


>>>ミントC!Jメール公式サイト(18禁)